沢田研二 勝手にしやがれ (1977)

0

     


    [Official Video] Perfume Medley - Pentatonix

    0

       

       


      C2C - Delta (Vitalic Remix)

      0

         


        The Chainsmokers - Closer (Lyric) ft. Halsey

        0

           


          中心の種火 685(1)+693(9)

          0

             

            中心の種火 685(1)+693(9)=十

             

            黄金の巻 第31帖 [(542)→541 24-31] *(686)→685

             

            人民それぞれに用意して呉れよ。自分出しては集団(マドイ)こはすぞ。力出ん

             

            ぞ。早うつくれよ。的(マト)とせよ、と申してあろうがな。マトは光りのさし入る所、

             

            的として月一度出せよ。自分の小さいこと知れる者は、神の国に近づいたので

             

            あるぞ。かのととり。一二十

             

             

            黄金の巻 第39帖 [(550)→549 24-39] *(694)→693

             

            見渡せば 見事咲きたり 天狗の鼻の。


             二人でせよと申してあるのは裏表合せて一つぞ。二人で一人でせねばならん。

             

            統一ないところ力生れんぞ。人民の奉仕は神への奉仕、生活は奉仕から生れ

             

            る。世界は大きな田畠、それ蒔け、それ蒔け、種を蒔け。

             

            *【天狗の鼻】鼻が高い(自分が行ったことに対していかにも得意そうであるさま)

             ナスビは文章に現れるのかもしれません。〜です。⇒ダナス。

             〜のです。⇒ンダナス。普段目にする文章に代入してみると大きな変化に気づくでしょう。

             【です】【のです】は日本の古語ではないのは明らかなのでdeathの転用だったりして。(笑い)

            *【世界】五千の山のふもと 【種を蒔く】五千の山それぞれに中心を定めていくこと

             

            yuru63さんのサイトより引用

            解読編CONCEPT

            黄金の巻 第31帖 (542)

            http://hifumi.busidou.jp/yomu/542.html

            人民それぞれに太陽(ミロク)原理宣布の用意をしてください。
            自分を出してはマドイ(サイトやブログ)をこわします。
            力が出ません。
            早くサイトやブログをつくりなさいよ。
            神示の云うことを目標【的(マト)】としなさい、と云ってあるでしょう。
            マトは簡潔に云うと太陽(ミロク)原理情報【光り】のさし入る所をつくる

            ことです。それを目標として「月(光りを映すサイト)」を一度出しなさい。
            自分の小さいことを知れる者は、神の国に近づいたのです。
            かのととり。
            一二十

             

            黄金の巻 第39帖 (550)

             

             見渡せば 見事咲きたり 天狗の鼻の。

             

             

            見渡せば 太陽(ミロク)の臣民(人民)達が、見事に咲き(活動を始め)

            ました。見渡すと天狗の鼻ばかりの臣民(人民)達ですが。

            二人でしなさいと云ってあるのは裏表合せて一つであるからです。
            二人(神ミロクの視点と人民の視点)で一人前という方法でせねばなり

            ません。二つの視点の統一がないところは力が生れないのです。
            そのような人民の奉仕というものは神ミロクへの奉仕なのです。花咲く

            生活は奉仕から生れます。世界は大きな田畠です。それ蒔け、それ蒔け、

            太陽(ミロク)原理の種を蒔け。

             


            中心の種火 692(8)+686(2)=十

            0

               

              中心の種火 692(8)+686(2)=十

               

              黄金の巻 第38帖 [(549)→548 24-38] *(693)→692

               

              心次第で皆救はれる。悪には悪の道、それ知らん善の神では、悪抱き参らすこと

               

              出来ん。因縁あっても曇りひどいと御用六ヶ敷いぞ。この世の人民の悪は幽界に

               

              うつり、幽界の悪がこの世にうつる。かのととり。一二十

               

               

              黄金の巻 第32帖 [(543)→542 24-32] *(687)→686

               

              神の道に進むために罵られることは人民の喜びぞ。その喜び越えて神の喜びに

               

              入れば罵られることないぞ。神敬ふはまだまだぢゃぞ。早うサトリて、神に融け入

               

              れよ。かのととりの日。一二十

               

               

               

               


              中心の種火 687(3)+691(7)

              0

                 

                中心の種火 687(3)+691(7)=十

                 

                黄金の巻 第33帖 [(544)→543 24-33] *(688)→687

                 

                神国、神の三八(ミヤ)早うつくれ。今度 此処へ神が引寄せた者は、みなキリスト

                 

                ぢゃ。釈迦ぢゃぞと申してあらう。磨けば今迄の教祖にもなれるミタマばかりぞ。

                 

                それだけに罪深いぞ。岩戸あけて、めぐり果たせたいのぢゃ。このこと肚によく

                 

                判るであらうが。かのととり。一二十

                 

                 

                黄金の巻 第37帖 [(548)→547 24-37] *(692)→691

                 

                集団(マドイ)は天国の組織同様にせよ。横にはウクスツヌフムユルウの十柱

                 

                ぞ。縦にはアイウエオの五柱、結構ぢゃなあ。横だけでもかたわ、縦だけでも

                 

                かたわ、この方 見えんアであるぞ。顕れは神示ぢゃ。よく相談し合って結構致

                 

                しくれよ。弥栄えるぞ。秘文読めば判る。神業奉仕すれば自らめぐり取れるの

                 

                ぢゃ。めぐりないもの一人もこの世には居らん。かのととり。一二十

                 

                 

                 

                 

                 


                黄金の巻(32)に乗り 中心の種火は690(6)+688(4)から

                0

                   

                   黄金の巻(32順) 中心の種火690(6)+688(4)=十 

                   

                   

                  黄金の巻 第36帖 [(547)→546 24-36] *(691)→690

                   

                   まことに求めるならば、神は何でも与へるぞ。与へてゐるでないか。御用は神示

                   

                  見んと判らん道理判らんか。誰にも知れんこと知らして、型して見せてあるでない

                   

                  か。かのととりのひ。一二十

                   

                   

                  黄金の巻 第34帖 [(545)→544 24-34] *(689)→688

                   

                  世界平とう、胸の掃除からハラの掃除ぞ。理智がまことの愛ぞ。(ア九(ク))も神

                   

                  の御子。絶対の責任は神、相対の責任は人民。親よりも師よりも神愛せよ。その

                   

                  親、師は神から更に愛されるぞ。 九二十九十千の (オークニトコタチのカ

                   

                  ミ) (ガ) (オースサナルのカミサマ)なり。かのととり

                   

                  の日。一二十


                  2017/01/12 までのヘッダー

                  0

                    【神示からのヒント】

                     正気または正業・・・【霊的自分を正守護神と申し、】
                     本気または本業・・・【神的自分を本守護神と申すぞ。】
                     副気または副業・・・【幽界的自分が副守護神ぢゃ。】

                    私がおもうところ、一般に副業という趣味の世界は幽界に支配されているような感じです。管理人自身は正気で本気で利益のない趣味で運営させてもらってます。(笑い)
                    秘密の元は火水であるように、すべて自白されて明らかになる時節に入ったのかもしれません。


                    Alessia Cara - Scars To Your Beautiful

                    0

                       


                      | 1/298PAGES | >>

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << January 2017 >>

                      最新の投稿記事

                      日時&カテゴリー別項目

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最新コメント

                      リンク

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM