上つ巻  神示通りに読む  061-090

0

    061〜090までを並べます。
    それを神の呼吸三五七で切ります。

     

    上つ巻 第04帖 (004) 1-4
    061.

    それなのに今のやり方でよいと思うてゐるのか、分らねば神にたづねて政事(まつりごと)せねばならぬと云ふことまだ分らぬか。
    062.

    神と人とが交流(まつり)合はして この世のことが、さしてあるのぞ。
    063.

    人がきかねば神ばかりで始めるぞ。

     


    064.

    神ばかりで洗濯するのは早いなれど、それでは臣民が可哀そうなから、臣民みなやり直さねばならぬから、気をつけてゐるのに何してゐるのざ、いつ何んなことあっても知らんぞ、神祭第一、神祭結構。
    065.

    二三の木ノ花咲耶姫の神様を祀りて呉れよ。
    066.

    コハナサクヤ姫様も祀りて呉れよ。
    067.

    六月十三の日、ひつくのか三。

    上つ巻 第27帖 (027) 1-27
    068.

    何もかも世の元から仕組みてあるから神の申すところへ行けよ。

     


    069.

    元の仕組は富士(二二)ぞ、次の仕組はウシトラ三十里四里、次の仕組の山に行きて開いて呉れよ、今は分るまいが、やがて結構なことになるのざから、行きて神祀りて開いて呉れよ、細かく知らしてやりたいなれど、それでは臣民の手柄なくなるから、臣民は子ざから、子に手柄さして親から御礼申すぞ。
    070.

    行けば何もかも善くなる様に、昔からの仕組してあるから、何事も物差しで測った様に行くぞ。
    071.

    天地がうなるぞ、上下引繰り返るぞ。
    072.

    悪の仕組にみなの臣民だまされてゐるが、もう直ぐ目さめるぞ、目さめたらたづねてござれ、この神のもとへ来てきけば、何でも分かる様に神示で知らしておくぞ。
    073.

    秋立ちたら淋しくなるぞ、淋しくなりたらたづねてござれ、我(が)を張ってゐると、いつまでも分らずに苦しむばかりぞ。
    074.

    この神示も身魂により何んなにでも、とれるやうに書いておくから、取り違ひせんやうにして呉れ、三柱と七柱揃うたら山に行けよ。
    075.

    七月一日、ひつくのか三。

     

    上つ巻 第05帖 (005) 1-5
    076.

    富士とは神の山のことぞ。
    077.

    神の山はみな富士(二二)といふのぞ。
    078.

    見晴らし台とは身を張らすとこぞ、身を張らすとは、身のなかを神にて張ることぞ。

     


    079.

    臣民の身の中に一杯に神の力を張らすことぞ。
    080.

    庭の富士を探して見よ、神の米が出て来るから、それを大切にせよ。
    081.

    富士を開くとは心に神を満たすことぞ。
    082.

    ひむかとは神を迎えることぞ、ひむかはその使ひぞ。
    083.

    ひむかは神の使ひざから、九の道を早う開ひて呉れよ、早う伝へて呉れよ、ひむかのお役は人の病をなほして神の方へ向けさすお役ぞ、この理をよく心得て間違ひないやうに伝へて呉れよ。

     


    084.

    六月十四日、ひつくのか三。

    上つ巻 第26帖 (026) 1-26
    085.

    「あ」の身魂とは天地のまことの一つの掛替ない身魂ぞ、「や」とはその左の身魂、「わ」とは右の身魂ぞ、「や」には替へ身魂 あるぞ、「わ」には替へ身魂 あるぞ、「あ」も「や」も「わ」も も一つのものぞ。
    086.

    みたま引いた神かかる臣民を集めるから急いで呉れるなよ、今に分かるから、それまで見てゐて呉れよ。
    087.

    「い」と「う」はその介添の身魂、その魂と組みて「え」と「を」、「ゑ」と「お」が生まれるぞ、いづれは分ることざから、それまで待ちて呉れよ。
    088.

    言ってやりたいなれど、今言っては仕組成就せんから、邪魔はいるから、身魂掃除すれば分かるから、早う身魂洗濯して呉れよ。
    089.

    神祀るとはお祭りばかりでないぞ、神にまつらふことぞ、神にまつらふとは神にまつはりつくことぞ、神に従ふことぞ、神にまつはりつくとは、子が親にまつはることぞ、神に従ふことぞ、神にまつらふには洗濯せなならんぞ、洗濯すれば神かかるぞ、神かかれば何もかも見通しぞ、それで洗濯洗濯と、臣民 耳にたこ出来るほど申してゐるのざ。
    090.

    七月の一日、ひつくのかみの道ひらけあるぞ。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    最新の投稿記事

    日時&カテゴリー別項目

    カテゴリー

    アーカイブ

    リンク

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM