地震の巻 第三帖

0

    帖内の順番形式
    通常:1,30,2,29,3,28,4,27,5,26,6,25,7,24,8,23,9,22,10,21,11,20,12,19,13,18,14,17,15,16
    反転:16,15,17,14,18,13,19,12,20,11,21,10,22,9,23,8,24,7,25,6,26,5,27,4,28,3,29,2,30,1
    上記では句のつながりを感じられない場合:そのまま

     

    地震の巻第三帖50句を3・5・7調で切って読んだ順序

    【地震の巻句を読む】
    【既存の形式で】

    句の順序:そのまま

    地震の巻第一節【001-030】

    [地震の巻 第03帖 (380)→379 17-3]

    301.

    愛の影には真があり、真の影には愛がはたらく。
    302.

    地上人の内的背後には霊人があり、霊人の外的足場として、地上人が存在する。
    303.

    地上人のみの地上人は存在せず、霊人のみの霊人は呼吸しない。

     

    304.

    地上人は常に霊界により弥栄する。
    305.

    弥栄は順序、法則、形式によりて成る。
    306.

    故に、順序を追わず、法則なく、形式なき所に弥栄なく、生れ出て呼吸するものはあり得ない。
    307.

    個の弥栄は、全体の弥栄である。
    308.

    個が、その個性を完全に弥栄すれば全体は益々その次を弥栄する。

     

    309.

    個と全体、愛と真との差が益々明らかになれば、その結合は益々強固となるのが神律である。
    310.

    霊界と物質界は、かくの如き関係におかれている。
    311.

    其処にこそ、大生命があり、大歓喜が生れ、栄えゆくのである。
    312.

    更に、極内世界と極外世界とが映像され、その間に中間世界がまた映像される。
    313.

    極内世界は生前、極外世界は死後、中間世界は地上世界である。
    314.

    極内は極外に通じて を為す。
    315.

    すべて一にして二、二にして三であることを理解せねばならない。

     

    316.

    かくして、大神の大歓喜は、大いなる太陽と現われる。
    317.

    これによりて、新しく総てが生れ出る。
    318.

    太陽は、神の生み給えるものであるが、逆に、太陽から神が、更に新しく生れ給うのである。

     

    319.

    は絶えずくりかえされ、更に新しき総ては、神の中に歓喜として孕(はら)み、生れ出て、更に大完成に向って進みゆく。
    320.

    親によって子が生れ、子が生れることによって親が新しく生れ出ずるのであることを知らねばならない。
    321.

    されば、その用に於ては千変万化である。
    322.

    千変万化なるが故に、一である。
    323.

    一なるが故に、永遠である。

     

    324.

    愛は愛に属する総てを愛とし、善となさんとするが故に悪を生じ、憎を生じ、真は真に属する総てを真とし美となさんとする故に偽を生じ、醜を生ずるのである。
    325.

    悪あればこそ、善は善として使命し、醜あればこそ、美は美として生命するのである。
    326.

    悪は悪として悪を思い、御用の悪をなし、醜は醜として醜を思い、御用の醜を果たす。
    327.

    共に神の御旨の中に真実として生きるのである。
    328.

    真実が益々単にして益々充実し、円通する。
    329.

    されば、 の中の の中なる の中なる一切万象、万物中の最も空にして無なるものの実態である。
    330.

    これが、大歓喜そのものであって、神は、この に弥栄し給えるが故に、最外部の の外にも弥栄し給うことを知覚し得るのである。

     

    331.

    始めなき始めの の真中の真空にいますが故に、終りなき終りの の外の無にいまし、中間に位する力の の中に生命し給うのである。
    332.

    一物の中の なるが故に一物であり、万象万物であることを知覚しなければならない。
    333.

    生前の様相であり、呼吸するが故に死後の呼吸とつづき、様相として弥栄ゆるのである。

     

    334.

    神が生み、神より出て、神の中に抱かれているが故に神と同一の歓喜を内蔵して歓喜となる。
    335.

    歓喜に向かうとは親に向かうことであり、根元に通ずることである。
    336.

    世をすて、外分的、肉体的諸欲をすてた生活でなければ、天国に通じ得ぬと考えるのは誤りである。
    337.

    何故ならば、地上人に於ける肉体は、逆に霊の守護をなす重大な役目をもっているからである。
    338.

    地上人が、その時の社会的、物質的生活をはなれて、霊的生活にのみ入ると云うのは大いなる誤りであって、社会生活の中に行ずることが、天国への歩みであることを知らねばならない。

     

    339.

    天国をうごかす力は地獄であり、光明を輝かす力は暗黒である。

    340.

    地獄は天国あるが故であり、暗黒は光明あるが故である。
    341.

    因が果にうつり、呼が吸となりゆく道程に於て、歓喜は更に歓喜を生ず。
    342.

    その一方が反抗すればするだけ他方が活動し、また、強力に制しようとする。
    343.

    呼が強くなれば吸も強くなり吸が長くなれば呼もまた長くなる。
    344.

    故に地獄的なものも天国的なものも同様に、神の呼吸に属し、神の脈うつ一面の現われであることを知らねばならない。
    345.

    天国に限りなき段階と無数の集団があると同様に、地獄にも無限の段階と無数の集団がある。
     

    346.

    何故ならば、天国の如何なる状態にも対し得る同様のものが自らにして生み出されねばならぬからであって、それにより、大いなる平衡が保たれ、呼吸の整調が行なわれるからである。

    347.

    この平衡の上に立つ悪は悪ではなく、偽は偽でなく、醜は醜でなく、憎は憎でなく、また地獄は地獄でない。
    348.

    地獄は本来ないのである。
    349.

    また、この平衡の上におかれた場合は、善も善でなく、美も美でなく、愛も愛でなく、そこでは、天国も天国ではない。
    350.

    只ひたすらなる大歓喜が弥栄ゆるのみである。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    最新の投稿記事

    日時&カテゴリー別項目

    カテゴリー

    アーカイブ

    リンク

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM